γ-リノレン酸

アラキドン酸は母乳に含まれている

アラキドン酸は赤ちゃんこそ一番必要な成分で、成長盛りの環境には生体成長ホルモンを作成する環境を作れる成分として欠かす事が出来ないのですが、そんな必要な重要である成分を赤ちゃんは母乳から摂取している形になっているのです。
赤ちゃんは自分から食べ物を摂る事ができませんし、離乳食になるまでは固定食を食べる事が出来ないので、アラキドン酸を体内に取り入れるにはお母さんの母乳を摂取する事が欠かせないものになっているのです。
離乳食になれば、固定食から摂る事が出来るので、それまで赤ちゃんは母乳から重要な成分であるアラキドン酸を体内に取り入れて、体の中で生体成長ホルモンを分泌出来る環境を作り出すという対応をしているのです。

なので、赤ちゃんにとって母乳は生きていく上で、欠かす事が出来ない魅力的な成分になっているので、赤ちゃんには母乳をしっかり与えていくことが、病気をしないで健やかに育つという環境を作る事が出来るようになるのです。
最近では粉ミルクで母乳に近い環境の物を作れるようになっているので、その中にアラキドン酸の成分を含ませて作成してあるものもあるので、活用して赤ちゃんが元気よく成長していくことが出来る環境を作成して、快適に対応する事をお勧めします。

このページの先頭へ