γ-リノレン酸

リノール酸から合成されるアラキドン酸

アラキドン酸は体の中で生体成長ホルモンを分泌させるためには欠かす事が出来ない成分なのですが、この成分を外部から摂り入れようとすると食事やサプリメントという形で対応する事が出来るのですが体内でどのように作られるか説明していきます。
アラキドン酸はn-6系不飽和脂肪酸の種類とされており、この成分を体の内部で作成するにはリノール酸が大きく関係しており、この成分からγ-リノレン酸とジ・ホモγ-リノレン酸を経て、作成されていくのです。
これが体内で作成されているメカニズムになるのですが、外部から摂取すると食べ物やサプリメントを摂取するだけで、体内に取り入れる事が出来るようになるので、外部から取り入れる事は凄く魅力的なのです。

アラキドン酸が合成されるにはこのように沢山の過程を経て作成されるので、効果的に早く取り入れたいと思っている場合は、食材やサプリメントから摂取する方が効果的に体内に取り入れる事が出来るようになるのです。
このようにアラキドン酸を対応するには体内で合成されるか、外部から取り入れるかの対応があるのですが、環境に合わせて対応する事で体内でしっかりした働きをサポートしてくれるので魅力的に取り入れることをお勧めします。

このページの先頭へ